ちりめん山椒

市販の食べものには、なかなかこれぞ!というやつに

出会わない。

日持ちの問題、好みもあるから、むずかしいとはおもいますがね。

早く目的地に到着したいには、高速道路は便利だが道中の

楽しさに欠ける。

一般道の興趣はなんでもないところに、おもわぬ魅力を発見

したりで、時間を気にしなければ楽しさはふくらむ。

道の駅なんてのはさいたるもんだな。

過日、某道の駅の地場野菜コーナーで実山椒をみつけた。

季節だなあ。山椒は大好きだ。なんとワンパック100円。

ふたつも買ったら山のようにある。

いそいそと帰宅し、といっても一般道の道中は長い。

それでも帰るなり、湯を沸かし山椒をほうりこみ煮る、あくをとる。

水にさらす、とりかえとりかえじっくり一晩。

そのあいだにちりめんじゃこを買いにはしる。こいつは道の駅には

なかったのでスーパーで。あんがい値が張る。乾物はそういうもんか。

なべにみりん、酒、薄口しょうゆを張り、ちりめんじゃこをさっと煮る。

そこにあげておいた実山椒を一緒にあわせる。

煮汁がなくなったらバットにあげて乾かす。これだけ。

旨いよぅ。そのままビールのお供もいいけれど、冷ややっこに良し、

大根おろしとあわせて良し。まあ山椒小粒でひりりと口中爽やか。

きわめつけは、あったかご飯に九条ネギの小口切りとちりめん山椒を

ドカンと乗せ、はふはふ食べる。これだな!。

市販ではなかなかこうは巡り会えないからねぇ。。。。。

広告を非表示にする