みをつくし料理帖・・・とは?あらすじ

みをつくし料理帖・・・とは?

みをつくし料理帖

みをつくし料理帖』(みをつくしりょうりちょう)

?田郁による日本の時代小説シリーズ。

全10巻。

ハルキ文庫(角川春樹事務所)より

2009年5月に第1作『八朔の雪 みをつくし料理帖』が刊行され、

2014年8月刊行の第10作『天の梯 みをつくし料理帖』にて完結した。

2012年および2014年にテレビ朝日にて

北川景子主演でスペシャルドラマ化

2017年にはNHKにて

黒木華主演で連続ドラマ化される。

江戸に出てきた大坂出身の料理人・澪が、

東西の味の好みや水の違いに苦心しつつも徐々に道を切り拓き、

料理を通じて人を幸せにしていく姿を描く

作中には江戸の食事情が盛り込まれ、

作中に登場する料理を著者が試行錯誤を重ねつつ

実際に作ったレシピを「澪の料理帖」と題し巻末に収録している

大坂と江戸の対比は、

兵庫県で生まれ育った著者が進学のため上京し

「8枚切りの食パンや

「中濃ソースをを初めて目にして

驚きを感じた実体験がベースとなっており、

「江戸時代ならさぞや」と思いを馳せて、

大坂から江戸に出てきた主人公の

「初めての江戸」の体験を読者が一

緒に楽しめるようにと作品が構想された。

大阪と東京を往復ししつつ

それぞれの図書館の資料や

司書・学芸員への取材をもとに時代考証を行い、

作中に登場する料理は

著者自身がすべて実際に作り再現している。

原稿を担当編集者に送付する際に

料理写真を添付したところ

「お腹が空きます」「美味しそうです」

と言われたことをきっかけに、

「それならレシピもつけましょうか」と

巻末にレシピ集「澪の料理帖」を収録するに至った。

第1作の刊行当初より書店員からの支持を受け、

2009年の「歴史・時代小説ベスト10」(『週刊朝日』)、

「最高に面白い本大賞! 文庫・時代部門」(『一個人』)、

「第2回R-40本屋さん大賞 文庫部門」(『週刊文春』)において第1位を獲得。

30〜60代女性を主な読者層として版を重ね、

シリーズ累計の発行部数が190万部を突破した

2012年には『この時代小説がすごい!文庫書き下ろし版』(宝島社)で第1位となり、

テレビ朝日にて北川景子主演によりテレビドラマ化

全10巻で300万部を超える大ヒットシリーズとなった[6]。

【あらすじ】

享和2年(1802年)の水害で両親を亡くし

天涯孤独の身となった少女、澪は、

大坂随一の名店と謳われる料理屋「天満一兆庵」の女将、

芳に助けられ奉公人として勤め始める。

やがて天性の味覚を主人の嘉兵衛に見込まれた澪は、

厳しい修業に耐え、着実に腕を磨いていくが、

隣家からの延焼で店は焼失してしまう。

江戸店を任せていた息子の佐兵衛を頼って江戸へ出た3人を待ち受けていたのは、

佐兵衛が吉原通いで散財し店を潰し、行方をくらませているという報せだった。

度重なる心労により、

嘉兵衛は「天満一兆庵」の再興を澪と芳に託して亡くなってしまう。

店の再興と佐兵衛の行方探しを胸に、

慣れぬ土地で芳と暮らしながら働き始めた澪は、

「祟る」と噂され荒れ果てた小さな稲荷を1人で整えた姿を見込まれ、

蕎麦屋「つる家」の主人・種市に店で働かないかと誘われる。

上方との味の違いから、当初は澪の作る料理は評判が良くなかったが、

様々な人の助けを得て様々な新しい料理を考案し、

愛し合った小松原との別れや、

料理人仲間である又次の死などの悲しみを乗り越えながら、

「つる家」を江戸で評判の店へと成長させていく。

そんな中、澪は、

吉原で幻の花魁と呼ばれているあさひ太夫が、

水害で行方不明になった幼なじみ、

野江であることを知る。

いつしか澪は、自分の料理で評判を取り、

その売り上げであさひ太夫を身請けするという、

とてつもない夢を抱くようになる。

そして、その夢の実現のため、

「つる家」を辞めて新しい道に進むことになった。

「つる家」を離れた澪は、

あさひ太夫の客である摂津屋らの力を借り、

あさひ太夫を吉原から取り戻すことに成功する。

澪は、野江に戻ったあさひ太夫と、

長年澪に恋心を寄せ、

見守ってくれていた医師の源斉とともに

故郷である大坂へ戻り、

新しい人生を切り開くこととなった。