(FP)40代半ばを迎えて

 本格的に一人暮らしを始めて7年が経過し、本業はまだまだ軌道に乗らず、主な収入源が副業と情けない状況が続いています。

 「医者の不養生」と言う言葉ある通り、意外と本業が行政書士とFPで「自分の足元から頭のてっぺんまで」見てみると、今はよくてもいずれ「破綻」することに気付かないものでして、現在、時間を見ては生活の立て直し案を練っています。

 現在43歳。今年9月に44歳を迎えるようになると、大きな課題が3つ浮かび上がってきます。

「借金」

 誰しも陥るものでして、現在年収の2倍弱の借金を抱えていることに気づきました(と言うより、最近まで気づけていませんでした)。この借金はマイカーローンを除いた金額ですので、実際はもっと多いです。

 借金をコントロールできていなかったのは紛れもなく私自身の不始末ですが、マイカーローン以外の借金をいかに返済するか、自分なりに返済計画を立ててみました。そうすると、「今まで無理な返済計画が逆に借金を増やしていた」ことに気づきました。

 原因は別の機会に譲るとして、完済までの返済期間を今まで5年としていましたが、これを「10年以内」としました。銀行のフリーローンの極度額が順調に増額しているので、次の増額次第で4枚持っているクレジットカードの1枚を減らすことができます。その1枚は過去に遅延事故を起こしているので解約ができれば「解約してから7年で事故履歴が消える」のと、毎月の返済額も緩くなるので少しは生活が楽になりそうです。

 一方で、最近「プリペイド型クレジットカード」を作りました。単純に『マイレージ狙い』ですが、プリペイドですので残高がなければそのカードを使うことができない点で、クレジット特有の「使いすぎ」のリスクが消えます。

 返済期間を延ばす一方、現金からエディなどの電子マネーで決済するようにし、そのための決済をクレジット一括払いにすることで、ポイントによる恩恵を受けることもできます。

「本業」

 最初の5年間は赤字を覚悟していたので当初より副業をしているわけですが、計画では一昨年の時点で本業による収入が副業を上回っていなければなりませんでした。ところが、現実はそう甘くなく、現在も副業による収入が圧倒的に占めています。

 ただ、同じ副業でも昨年から高校、専門学校時代に目指していた旅行会社に勤めることができ、パートながら今後も継続して勤務できるようになりそうです。

 だとすると、いっそのこと「本業と副業をひっくり返す」ことを考えるようになるわけで、現在、職業のあり方を考えています。ただ、本業と副業をひっくり返すにはかなりのリスクがあり、その点をどう解決するか?現在模索中です。

「結婚」

 『生涯独身宣言』を中2の時にしました。当時、行事の幹事をする一方、いじめにも遭っていたので「パートナーを守れない」と思ってのことで、宣言をしてから30年になりますが、現在もそう思います。

 しかし、一人暮らしは基本的には自由である半面、家事のすべてを自分でしなければなりません。当たり前と言われればそれまでですが、問題はここからです。

 「独身女性50歳定年説」

 これは、不動産物件を借りる時に突き付けられる現実でして、50歳以上の独身女性が不動産物件を新たに借りられなくなることを意味しています。これは、男性である私も意識しなければならないわけで、5年以内に生涯賃貸で行くのか?はたまた購入するのか考えなければならなくなるわけです。

 これを言うと「民法公序良俗に反し無効」となるわけですが、現実問題として「子連れお断り」が現在も少なからずあることから、無視できない問題です。

 「孤独死リスク」

 こればかりはどうしようもありません。いつ死亡するか分かりませんが、賃貸物件で孤独死すると、死因に関係なく「事故物件」として、宅建業者に義務付けられている重要事項説明に盛り込まなければならなくなることから、この点も含めて5年以内に不動産をどうするか?本当に頭が痛いです。

 『北海道だから』

 実は、結婚もいいと考えるようになったのは、北海道は『結婚もするけど離婚もする』土壌です。だとしたら、そんなにこだわる必要もないのでは?と考えるようになりました。ここからは私個人の性格の問題ですが、今まであいさつ程度の握手をしたことはあっても告白すらしたことがない私のこと、本当に実現するか?恐らく確率は0%と思います。普段は成功も失敗も、良くも悪くもさらけ出している私ですが、貞操に関する話しをすることはほとんどないことから、まずは「殻を破る」ことが必要です。

 昨年4月からSTVラジオで「明石英一郎のそれ行け!オッサン大作戦」が放送され、1回たりとも録音に失敗することなく聴けていて「自分もオッサン」と自覚しています。今年44歳になるということは「ついにバースに並んだか?」と感じていますが「44=バース」と言うのも本当にオッサンと思います。