講談社ゴジラ映画全集

とにかく昔の怪獣映画って「さて、このあと、どうなったでしょう?」的な終わり方が多い。

その方が夢があって良いのかもしれないが、今見るととーとつで、話を投げたようにしか見えない・・・。

平成ゴジラシリーズもその流れを受け継いだ作品がほとんどだったと思う。

シン・ゴジラに至っては、『これで続編が作れるなら作ってみろ!』的な挑戦的な終わり方だったし・・・。

あ、別に文句言ってるわけじゃなくて、古き良き時代の話で、・・・それを現代に持ってくるにはシン・ゴジラが一番適当だったかなぁ・・・と・・・。