読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余裕があるということでしょうかねえ

5月14日

あたしの車は、流行りのダウンサイジングというやつで、1.2リッターエンジンを積んでいる。

そこはドイツが今どきの技術を総動員して作っているので、乗り心地としては決して2リッタークラスに劣るものではない。

でも多分ね、ドイツ車でもアメ車でもいいけど、いや日本車でもか、4リッターとかの車に比べたらどこか無理している感じが得られるかもしれない。

乗ったことないんでわかんないけど。

宮崎国際音楽祭フィナーレ「椿姫」コンサート版の歌い手、バリトンで一人だけイタリア人が出てきたのだけど、これがほかの日本人出演者と段違いの声。

ガタイもでかいんだが、まさに4リッタークラス。

低い声域では、日本人は永遠に勝てないんじゃないかという気がした。

ということで、土日と音楽祭三昧。

K原先生に誘っていただいたのでなければ多分行くことはなかっただろうけど、これが両日とも大当たりであった。

土曜日は宮川彬良のびっくりアカデミー。

もちろんこの人のユニークさや面白さ編曲の才能などは知っていたのだが、あらためて眼前に繰り広げられるしゃべりと音楽とは大笑いさせられつつ感心するものだった。

宇宙戦艦ヤマト」は永遠だ。

日曜日の「椿姫」は何度もCDで聞いたものだが、やっぱりオペラはちゃんと歌詞対訳を読みつつ聞かんといかんなあと反省。

幕開きからヴィオレッタが病気だったというのは初めて知った。

オケの音が大きすぎて歌い手が若干気の毒な場面もあったが、不覚にも落涙する熱演で大満足なのであった。

ついでに金曜日は弊社の番組「ポッキーのスーパーレディオクラブ」のパーティ@ガーデンテラス。

結構な大雨には難儀したが、よく知った人少しだけ知っている人SNSだけでつながっていた人全然知らん人と大量の名刺交換。

スポンサーの霧島さんのビールやら希少焼酎やら飲みまくり、みやざき晴夜での2次会では会社の人間と初めて少し突っ込んだ話もできて、とても良い一夜でありました。