読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11, 5. 2017 若草色の春霞

 駅前で買物を済ませ、中央の沢の階段を降りる。沢の底は、ニリンソウで白くなっていた。長い階段を登って、東の遊歩道に出る。沢の樹々が芽吹いて、若草色の春霞の中を歩く気分だった。若葉が繁ると、遊歩道は日陰となる。2番通りを渡り、北の沢の遊歩道に入る。柏の樹も、芽吹いていた。幹に絡まったツルアジサイの葉が、大きくなって来ていた。ウンリュウヤナギの梢は、量感を増していた。沢を離れて、住宅街を東へ戻る。かなり背丈のある椿が、花を開き始めていた。方々で葉が枯れてしまった椿を見ているので、救われた様な気分になった。晴間は夕刻まで続いていた。

http://d.hatena.ne.jp/atarou/