”怪盗”の仕業であってほしい

 普通に考えたら内部の犯行ということになるかもしれないが、ここは是非「怪盗」であって欲しい。

 だって「警察の金庫」に保管してあったお金なんだから近づける人物だって限定されるはずだし(近所の警察では会計課の部屋は一般の警察官が簡単にウロウロできない)鍵だって所持する人は判ってるはずだし。

 多分発覚した瞬間に失態を表に出さないように、鍵を持っている人や会計課の人はすぐに調べられたはずで、それでも違うと判って仕方なく発表したのではないかなあ。

 今のところこういう大胆な手口で思い浮かぶのは怪盗キッドか、「シールド」のマイケル・チクリスか、「シカゴPD」のボイト刑事かなあ。

■警察署内で現金8千万円盗難 特殊詐欺の証拠品 広島

(朝日新聞デジタル - 05月09日 18:35)