読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

METライブビューイング、モーツアルト『イドメネオ』を見た。

 METライブビューイング、モーツアルトイドメネオ』を見た。

 上映時間が全部で4時間半とえらい長かった。やっぱり疲れた。

 内容は、トロイ戦争から帰って来た父親が、途中で荒らしにあった際に、

「国で最初にであったものを生け贄に捧げるので助けて下さい。」

みたいなお願いをしたばっかりに、ややこしい自体になってしまうという話だった。父親はもうダメかと思われた嵐に無事生還をはたすのだが、国で最初にであったのがなんと自分の息子だった。それで思い悩むのだが、息子は息子で、自分に会っても浮かない顔をしている父親を見て、自分は父に愛されていないのではとかで思い悩んでいた。

 この王子はトロイの戦争かで捕虜も多数いたのだが、その中にいたお姫様に恋をして、捕虜を全員解放させていた。絶対お姫様の気を引きたくてやったのではあろうが、良い人だなあ。

 話は結局ハッピーエンドに終ったのが良かった。父王は悩みに悩んだあげく、その間に生け贄をもとめる神様が怒って国の人間をモンスターをつかって虐殺する。司祭たちは怒って

「さっさと生け贄を捧げて下さい。」

と、犠牲になった子どもまで担ぎ出して説得してくる。王はとうとう息子が生け贄なので悩んでいると打ち明ける。王子はそのモンスターを打ち倒して帰った所(モンスターをやっつけたのだから、もう生け贄いらないんじゃと思った。)、父に自分が生け贄なのだから殺してくれと言い合っているところに、お姫様までが現れて、

「私が身代わりになります。」

とか言い出す。それを見ていた神が感動して、

「やっぱり生け贄はいいから、王は息子に王位を譲り、二人で幸せな結婚をしろ。」

ということになり、その通りにしてハッピーエンドだった。

 神がそれを言い出したときに、もう一人悪役のお姫様がいたのだが、その姫が憤死してしまった。それなのに何事もなかったかのように話が進んで幸せに結婚式をあげていたので、シュールだなと思った。約1名は除いて皆幸せになったところは良かった。

 衣装も良かった。悪役の姫はパニエの横に広がった黒いドレスで、元捕虜だったお姫様は、ひだのついた白いドレスや、ピンクのドレスを着ていた。どれも可愛かった。