読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教師の資格

誰も困った問題の時には逃避心理が働くのは分かりますが

それでも優先すべきことは自覚してほしいものです、先生。

【一時は自殺も考えた…原発事故避難先でいじめを受けた少女 】

http://blogos.com/article/218952/ BLOGOS

保護者が謝罪にきたが、幸治さんには、心から謝っているようには見えなかった。

「保護者も一人ひとりだと謝るが、集団になると、『あんなのいじめじゃないんじゃないか?』『騒ぎすぎじゃないか』などと言っていたから。自傷行為をしていたと言っていただけで『クレーマー』と呼ばれたこともあった」

………

両親は、学校協議会にもいじめ問題を相談した。また、市教委に調査委員会の設置要望もした。しかし「いじめに関する条例がない」との理由で、設置されなかった。いじめ防止対策推進法が施行された後のことだ。条例がないことは、調査委員会ができない決定的な理由ではない。

………

学校では11人に対して、教室内で反省文を書かせたという。書き終わった生徒が先生に見せに行くと、先生はユーチューブを見ていた。学校は、「授業に使う資料を検索していた」と説明したが、のちに。「反省文の書き方を検索していた」と説明が変わっていった。このように学校側の対応が真剣には見えない。

………

学力保障のために家に来て、最初に謝ってくれたとき、声が震えていた。校長先生にいろいろ言わされていたんだなと思った