読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものすごくムカつくコメントってときどきあるよね?

思うに「日記」というのは本人の覚書のようなもの。

それを公開、全体公開にすると、読んだひとからコメントがあります。

あしあとをみると、相当ついていてもコメントするかたは、10%もいないでしょう。

今回のレイプという日記は題材が題材なだけに、好奇心があるかたは読むだけでしょう。

コメントはなにも私に「賛同」するものばかりほしい、とは考えていません。もし、反論するコメントがイヤなのであれば、友人のみの設定にすればいい。

わたしは今回レイプされた、ということを日記にしたのには目的があるのです。

釣りではなくて。これは事実です。

アダルトビデオなどでも、強姦もの、レイプものはたぶん人気があるのでしょう、(みたことないのでわかりません)

でも、実際の性行為に関して、女性がレイプ願望があるというのは男性神話です。

女性は乱暴なセックスはのぞみません。(少なくともわたしの場合)

また、一回くらいいいだろう、とか、いうのもありえません。

レイプも、チカンも、犯罪です。

レイプは魂の殺人です。

レイプされた「あと」のそのひとの人生はどんなものでしょうか?

レイプはレイプされておしまい、ではありません。

交通事故に遭っても、後遺症に悩まされることがあります。それと同じように、レイプにも後遺症があります。

本来ならば、愛のコミュニケーションでもあるセックスを・・・・もうそんな風にはとらえることはできません。

快感を与えてくれる異性の身体を、もう「凶器」としかみることはできない、のは不幸だとわたしは思います。「男」という存在がうとましく、単に「声」をかけられるのも、おぞましいとわたしは思いました、これって異常ですよね?(わたしのほうが)

もう一度いいます、レイプは魂の殺人です。

殺人です、レイプ犯は(レイパーは)殺人という犯罪を犯しながら、今日も何くわぬ顔をして、社会にいるのです。相当な肩書を持って。

誰か雇って公開処刑したい!↓↓

完全変態2017年04月21日 04:52

レイプだと思うのなら訴えることです。但し抵抗の意思表示をしてないと難しいでしょう。

>女性は非力なのです。

という言い訳は通用しません。女性が死に物狂いになれば途方もない力を出せるのに、それをしなかったいうことは、セックスするのにためらいがなかったことを意味します。

>恐怖でからだが動かなくなるのです。

>へびににらまれた、カエルみたいになるのです。

何に対して恐怖を感じたのかが不明のままでは状況が全く見えてきません。