読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスの神性を、神の存在をと同じように受け入れる。

セックスの神性を、神の存在をと同じように受け入れる。

osho

私が言いたいのはこういうことだ。

セックスは神性だということ。

セックスという原初的なエネルギーの中に神の反映がある。

それは明らかだ。

それは新しい生命を創り出すエネルギーだ。

そしてそれは、あらゆるものの中でも最も偉大で最も神秘的な力だ。

セックスに対する敵意を終わりにすることだ。

もしあなたが、その生において愛が降り注ぐのを望むなら、

セックスとの争いを放棄しなさい。

セックスを喜びを持って受け容れるがいい。

その神聖さを認めることだ。

感謝を持って受け取り、さらに深く受け容れなさい。

あなたはセックスが、そのような神聖さを啓示出来ることに驚くだろう。

それはあなたの受け容れる度合いに応じて、その神聖さを明らかにする。

そしてあなたのアプローチが、罪の意識に満ちていて

見当違いであればあるほど、あなたの前に現れる

セックスは醜く罪深くなる。

夫が妻に近づく時には、寺院に行こうとしているかのような

神聖な感じを抱くべきだ。

妻が夫の元へ行く時には、神に近づいているという

尊敬の心に満ちているべきだ。

セックスの時、愛する者達は交合を通り抜ける。

その段階は、神の寺院に、創造的な無形状態の内に現れる

神の寺院に非常に近い。

私の推測では、人間はサマーディの最初の輝く一瞥を、交合の間に得た。

人は交合の時にのみ、そのような深遠な愛を

感じることが可能であり、そのような光輝に満ちた

至福を体験することが可能だということに気づいた。

そして健康なマインドの状態でこの真理に瞑想した者達、

セックスの現象、交合に瞑想した者達は、その絶頂の瞬間には、

マインドが思考のない「空」の状態になるという結論に達した。

思考の全てが、その瞬間押し流される。

このマインドの何もない状態、この空、真空、

思考のこの凍結によって、神聖な喜びが降り注がれる。

人間はこの点まで神秘を解明し、さらに掘り下げていった。

もし意識の思考のさざ波を、何か他の方法によって

慎めることが出来るとしたら、と人間は推論した。

そうなれば純粋な至福を得られる!

ここからヨーガのシステムが発達した。

ここから瞑想と祈りが生まれた。

この新しいアプローチは、交合しなくとも意識を慎めることが出来、

思考を蒸発させることが出来ることを証明した。

人間は、性行為の時に得られる驚くほど大きな喜びを、

それなしでも得られるのだということを発見した。

その過程の性質から、性行為は一時的なものでしかあり得ない。

なぜなら、それにはエネルギーの流れの完結ということが含まれるからだ。

純粋な喜び、完全な愛、祝福に輝く慰め、

ヨーガ行者が常にその中にいるその状態に、

カップルはしばらくの間だけ達することが出来る。

だが基本的には、両者の間に違いはない。

ヴィシュヤナンダとブラフマナンダ、

感覚に入り込む者と、神の中に入り込む者とは

兄弟だと言った人は、偶然見た真実を述べたのだ。

両方とも同じ母胎から生まれる。違いは、大地と大空の間の距離だけだ。

この段階で、私は最初の原則をあなたに与えたい。

もしあなたが、愛についての基本的な真実を知りたいなら、

まず第一に必要なことは、セックスの神聖さを受け容れることだ。

セックスの神性を、神の存在を受け容れるのと同じように、

ハートを開いて受け容れることだ。

開かれたハートとマインドでセックスを充分に受け容れれば、

それだけあなたは自由になる。

が、抑圧すればするほど、あなたは農夫が奴隷になったように

それに縛られる。

あなたは受け容れる分だけ解放される。

生を全面的に受け容れたら、生の中で自然なこと全て、

生の中で神によって与えられている全てを受け容れたら、

それはあなたを神性の最も高い領域、未知の高み、

崇高な高みへと連れてゆく。

私はこの受容を有神論と呼ぶ。

そして、神によって与えられたものへのこの信頼は、解放へと向かう扉だ。

私は生の中の自然なもの、神の計画の中の自然なものを、

人間に受け容れさせないような教えを無神論と見なす。

「これに反対しろ、あれを抑圧しろ。

 自然は罪深く邪悪だ、欲望に満ちている。

 これを捨て、あれを捨てろ」

私の理解する限り、これら全てが無神論を構成する。

放棄を説く者達は無神論者だ。

生を、その純粋で自然な形のまま受け容れなさい。

そして、その豊かさの中で栄えることだ。

満ち溢れること自体が、あなたを一歩一歩、上へ引き上げてくれる。

まさにこのセックスの受容そのものが、

あなたが想像も出来なかった、

雲ひとつない高みへとあなたを引き上げてくれる。

もしセックスが石炭だとしたら、

それがダイヤモンドとして姿を現す日が来るのは確実だ。