詩15「王に宛てた手紙」

王さまへ

わたしは王さまのおしろのまえにすんでいます

すぐまえのいえです

よるに2かいのせんたくものをほすところから

王さまのおしろを見ると

たくさんひかりがキラキラひかってきれいです

よるのおほしみたいです

ベルサイユてかいてあるのもひかっていて

とってもきれいですきです

おしろのなまえがベルサイユですか

王さまとじょ王さまにあいたいです

おかあさんにきいたら

おとなになったらおしろにいけるとゆっていました

おかあさんはまだおしろにいったことがないとゆっています

わたしがおとなになったら

おかあさんとおしろにいきたいです

なんさいになったらいけますか

おしえて下さい

おてがみを出したら子どもでもいけますか

せんたくもののところから見ていると

おとなのひとが出たりはいったりしています

王さまはいそがしいのでたいへんだとおもいます

がんばってください

わたしもはやくいきたいです

王さまとじょ王さまにあいたいです

おへんじまっています

さようなら