まさしくこういうのを曲学亜世という

聖徳太子を教科書記載に戻したいなら史料もって来いと。

「いつどういう経緯で聖徳太子という名はついたのか」

聖徳太子の事績はどこまで厩戸王本人のものなのか」

これらが示せないからこそ史学研究では「厩戸王」なのに教科書には一枚の資料もなしに多数がワーワーいえば記載が変わる

そんな流れで「慰安婦」や「南京大虐殺」が教科書に載ってケシカランとやってた「つくる会」が聖徳太子だとワーワーいって一枚のソースもなしに「聖徳太子でないといけない」だから語るに落ちるとしか

いいのかなぁ、この流れだと次に「南京大虐殺や沖縄集団自決語らないと歴史教育の連続性がなくなるし日本軍悪玉論を抹殺したら忘れてはいけないあの戦争の歴史のストーリーが崩壊する」といわれても否定できないだろうに

こういう人って「登呂遺跡」が教科書載らない事にはまるっきりノーコメントなのに事績不詳の聖徳太子だけ必死なのは本気でわからない

歴史の面白いところは「それまでの説が一枚の資料で完全にひっくり返る」であって聖徳太子鎖国もその例外ではない

そこを「連続性」で封殺したら歴史はただ単に「誰かが書いた年表を丸暗記するだけ」になってしまう

そんなものこれだけ情報メディアが発達した現代で人間がやる必要などないでしょうに

史料の実証研究で昨日までの史実がひっくり返るってのにワクワクしないどころか反発するようなのと歴史語っても面白くないんですけどねぇ

どっちみち中学まで聖徳太子にしようが大学受験を聖徳太子にしようが大学で史学に進んだとたんに「聖徳太子と書いてる教科書に墨を塗れ」となるんだから連続性もへったくれもない

このあたりに合理的な整理点を見出だすならまだしも「批判があるから止める」では韓国の歴史教科書を笑えない

あれだって「変えたら批判を浴びる」から安義士の抗日伝説だって壇君の建国神話だって残ってるわけですし・・・

こういうことを積みかさねたらいずれ「聖徳太子なんていう虚構を資料もなく信じてるような手合いの言う事を信用しちゃダメ」と今サヨク日教組教育で浴びてる罵声を自ら浴びることになりかねないだろうに自分の首をくくる縄を作って喜んでる「つくる会」の神経が本当にわからないところ

あと、この記事のタイトルでいえば

■中学武道に銃剣道を追加 体育で「異性への関心」は残る

(朝日新聞デジタル - 03月31日 05:28)