刑事訴訟法は社会のきらわれものを守る法律

社会的にきらわれただけで裁判してはならず(魔女狩りソクラテスの裁判等)、悪人に手続的には正義をなしたことを明らかにするための法律がj刑事訴訟法であり、これがととのっていることが文明国のあかしとなります。悪人がまもられているように感じるのは当然のことですが、弁護人としてついた場合はありうる主張を全部検討して、受け入れられる可能性があるものを主張していくことになります。

■毒物カレー再審認めず=林死刑囚が請求―和歌山地裁

(時事通信社 - 03月29日 16:01)