読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年度が変わると

 3月も半分が過ぎ、年度末の慌ただしい季節となりました。

 自分も、年度が変わると大きく環境が変わります。主な変更点としては下記の2点です。

○職場

 先日、4月1日付け人事異動の内示がありまして、当社の給与・厚生・経理業務等、事務系の業務を担当する子会社に出向することになりました。とはいえ、もともと人事部で担当していた業務範囲で、オフィスも同じビルですし、フロアも共通だったりするので、あまり違う会社で働くという実感はありませんが…。

 現部署では経年が3年半となり、仕事もほぼ覚えて面白くなってきたところではありましたが、だいたいそういうタイミングで人事異動というものはあるもので、しかも畑違いのところに行ったりするんですよね。

 人により動くタイミングや方面というのは異なりますが、自分の場合は比較的短期間で異分野へ動くことが多く、ゼネラリストとして見られているのかなと思います。

 今度は給与計算等の担当になるらしく、全く勝手が分からないのですが、いろいろな仕事に携われるのは自分の見識も広がって良いことだと前向きに捉えていきたいと思います。

○保育園

 2月上旬に市から保育園の内定通知が届きました。すぐにでも投稿したい話でしたが、バタバタしていて書かず終いになるところでした…。

 今住んでいる地域は、昨年まで保育園不毛の地で、徒歩15分以内に認可保育所は1か所のみ(しかも公立の古い保育園)、ナーサリールーム(東京都でいうところの認証保育所)は数園あるのですが、あまり行かせたいと思うところがなく…という状況でした。

 幸運なことに、この4月に認可保育所が3か所増設になることが分かり、申し込み時点では4か所の認可保育所を候補にすることができました。

 第1志望の園は、このうち2番目に家から近い新設園で、建物は自前で新築、園庭もあるという申し分のない園だったのですが、こちらは落選。第2志望の園に決まりました。

 第2志望の園は、家から最も近いというのは大きなメリットなのですが、小規模保育所のため、ビルの1階部分にあり、園庭がなく、2歳児までしか預かってもらえません。ただし、3歳児以上は近くの系列のナーサリールームに入れるということなので、再保活はあまり心配いらないのかなと思います。

 認可保育所の場合は、市が基準に沿って機械的に入園者を割り振るシステムのため、保護者側も園側もお互いに選べないので、不安要素は残りますが、そこはある程度の基準を満たした園に入れるためには割り切らざるを得ないということなのかと思います。

 小規模保育所は2歳までしかいられないし、(通常)園庭もないので、そこがデメリットではありますが、少人数な分、目も行き届きやすく、風邪なども蔓延しにくいというメリットもあるので、そこは前向きに捉えようかと思います。3歳児以降は系列のナーサリールームに進ませるか、認可保育所に申し込み直すか、幼稚園/認定こども園にするか、とりあえずは今の園に通わせながらゆっくり検討しようかと思います。

 嫁様は4月末に復職予定なので、その後は今にも増してバタバタしそうです。休日に外出する体力が残らなそうな気がしております…。

 友達の皆様の中にも、4月で環境が変わられる方は多いかと思いますが、お互い不慣れな環境で体調など崩さぬようにしたいものですね。