ズ−岡の「ニセ硬貨事件その3」

■昭和65年硬貨は、ほかにも発見されていた!

振り返ること数十年。我々の暮らすこの世界においては、昭和64年1月7日に昭和天皇崩御召された。

そのため、昭和64年はわずか7日で終わり、翌日から平成元年となったのだ。

つまり、我々の暮らすこの世界において、昭和65年印の硬貨など存在するはずがないのだ。

しかしどうやら、8分違いのパラレルワ−ルドでは昭和天皇崩御が遅れた結果、昭和が持続し多数の昭和65年硬貨が作られているようである。

そして、小さな二ュ−スにしかなっていないが、実はこれまでも存在しないはずの昭和65年硬貨が複数見つかっている。

平成17年に発見された昭和65年の500円玉は、我々の暮らすこの世界の500円玉とデザインも材質も同じで、自動販売機も通過する。

昭和65年の100円玉は、平成20年と平成26年にそれぞれ一つずつ発見されており、デザインは同じだが、材質が違う。

こうして発見された昭和65年硬貨は、いずれも、いたずら目的で作られた偽物ということで処理されている。

しかし関係者に言わせれば、使われている物質や鋳造技術を見ても、とても偽物と呼べるような低レベルの代物ではないのだという。

取材を進めると、さらに興味深いことがわかってきた。我々の世界と8分違いのの世界では、双方に建てられた建築物によって、偶然結ばれてしまうことがあるらしい。

2つの世界を結んでいる時間軸の裂け目と、デザインされた建物空間が、まるでパズルのピースのようにピタリとはまってしまうと、

双方の建物同士で次元を結んでしまうという不思議。

とりわけパティオ【【中庭】】を持つコンクリ−ト打放しの集合住宅や、複雑に増築された繁華街の建物などが、異世界への扉になっているケ−スが多いそうだ。

取材の過程では、「地下の扉を開けたら別世界にある建物の屋上に出てしまった。その世界では、1時間が52分しかなかった」などという体験を話す人とも出くわした。

続く→

倉敷市内の美観地区付近にコンクリ−ト打放しの集合住宅地があるモンミ】

【あなたのお家の中にある時計、全てとはいわなくとも、ある一定の部屋の時計何度あわせても、

いつの間にか何分間か進んでいませんかよくよく見てみると、この世界に存在しないモノが刻印されてるカモネ】