金剛:髏島 Kong:Skull Island キング・コング

先週あたり?観た映画

【金剛:髏島 Kong:Skull Island】(キングコング 髑髏島の巨神)2017年 米

監督:喬丹沃格特-羅伯茲(Jordan Charles Vogt-Roberts)

出演:湯姆希?斯頓(Thomas William Hiddleston) 布拉森(Brie Larson)

    山繆傑克森(サミュエル・L・ジャクソン)ほか

時は1973年、ベトナム戦争終結直後、ベトナム基地から離陸した米軍ヘリ部隊が髑髏島へ物資輸送の為に上陸する。そこには伝説の巨大生物が生息していたから、さあ大変!といった、ご存知!「キング・コング」の最新作。

https://www.youtube.com/watch?v=PFQXw-6x0Ts

冒頭は1940年代、第二次世界大戦中から始まる。

「日米」敵同士の戦闘機が不時着!パラシュートで謎の島に着陸、陸で戦闘を繰り広げる二人。

敵同士で友情を育む二人だったが、やがて日本兵は死に、米兵だけが生き残る。

そして、時は流れて 1973年、ベトナム基地からの米軍ヘリ部隊たちが任務で島に上陸。

彼らがそこで出会ったものは、暗黒舞踏団「白虎社」、しからずんば「山海塾」みたいな現住民族と

“小野田さんのアメリカ版”といった生き残り米兵と、そして、巨大な生物たち!

出だしは【硫黄島からの手紙】、しからずんば、【父親たちの星条旗】といった雰囲気で始まり、

ベトナム戦争の影が色濃く残る’73年の描写は、【地獄の黙示録】とか【フルメタル・ジャケット】、

巨大な虫?タコ?牛?トカゲ、ゴリラ等がドシドシ闊歩するあたりは、【進撃の巨人】【シン・ゴジラ

ジュラシック・パーク】などを彷彿とさせた。

なにしろ、「でっかいもの」って、ただそれだけで怖い!ガクガク(((( ;゜Д゜))))ブルブル

実は、鎌倉の大仏や、大船の観音像や、マカオの海に浮かぶ観音像だって、相当怖い!

ましてや、あんな巨大な!“馬面のトカゲ”に襲われたら、生きた心地しないだろうなぁ〜