モーニング♪4月19日♪SONG1

おはゆん(ω)ノ

2017年4月19日。

6時9分(ロック)に、ブログ「初心者です。by よういち」をスタートさせました。

統合失調症を持っていても、「希望」を持って生きていける・・・・。

これをコンセプトにやっていこうと思っています。

昨日デイケアでのプログラムで、院長先生が自律神経をバランス良くする為に、「朝、熱めのシャワーを浴びると良い」とおっしゃってたので、早速今朝、シャワーを浴びた。

なんとなくスッキリしたのは、雰囲気に飲まれたのでしょうかww

今朝のモーニングは、トーストにキムチ鍋、トマトにヨーグルト♪

盛りだくさんでした!

ぼくぜんという店で焼肉の定食食べて大喜湯で日帰り温泉に入ってきた

仕事が六時前に終わり帰宅。歩いて焼肉やさんの朴然というところに行ってきた。

いくつかあるうちのうセットメニューから定食があり、何定食かは忘れたがそれと大ジョッキ飲んだ。三千円ちょっとした。客が若い人が多くて驚いた。自分の焼肉初体験は就職してからだったのでそう感じた。

コーチャンフォーという本屋さんで本を二冊衝動買いしてしまった。

そのあと少し歩いて大喜湯にはいり温泉とサウナにはいった。温泉はしょっぱくてお湯で顔を拭くと目が沁みて痛い。色は透明だが人が多く循環ということもあり鮮度的にはあまり良くないかな。休憩場があり風呂に入ったあと横になって本を読んだら寝てしまった。

起きたら腹が減り帰宅するのに歩いているととても寒く車に乗って山岡やで醤油ラーメン食べてセブンイレブンでコーヒー買って帰宅した。

歩いて片道10分程度だった。

コーヒー飲んだので当分寝られない気がする。

明日はベンチプレスと10キロ程度走りたいと思う。

我が国の建国神話を描いた交声曲「海道東征」の演奏会に行きました

今夜は、古事記や日本書記に描かれた我が国の建国神話を元に北原白秋が作詞したものに、戦前の第二国歌「海行かば」や我が母校慶應義塾の「慶應義塾塾歌」の作曲家である信時潔が作曲した交声曲「海道東征」の演奏会を東京の池袋の東京芸術劇場で聴いて来ました。産経新聞社主催の演奏会です。

私は、5年ほど前までオペラを舞台で歌っておりまして、その頃から愛国に目覚め始めましたので、私にとって、この神武天皇の東征を描いた「海道東征」はドンピシャな作品なのです。先に前に述べました通り我が母校の「慶應義塾塾歌」の信時潔の作品ですしね。

本演奏会、声楽的には(特に合唱に)思う事は多少ありますが、感動しました。素晴らしい作品だと思いました。信時潔は偉大な作曲家だと思いました。感動して涙が出ました。

我が国は建国わずか数百年のアメリカや中国などと違い、2600年以上の歴史のある国です。国民はその事を誇りに思うべきです。

年末の第九の演奏会もいいけれど、この「海道東征」の演奏会が全国各地で至る所で行われてほしいと思いました。

自分自分な人たち

私だったら、うちだったら〜

とかは自分ちでやれよ

とにかく優越感に浸る事で

ストレス解消する人多過ぎ(笑)

自分ちでやって自分の子が

どんな大人になるか

楽しみですね

前のゆうこりんの事で

日記かいたように

子供のうちに子供らしさが

あまり無い良い子は

どうなるかは

児童心理学やってれば

想像できるはずだけど

親にとって都合のイイコ

は後々問題起きたりね

まあ、子供を所有物

のように思って束縛は

論外だけど、

スザンヌ:第6回 最近は「チューしてやるけん!」とチャラいことを言ってきます(笑)

(ママスタジアム - 04月18日 12:02)

広告を非表示にする

息子のDeNA公式戦LIVE10勝目

息子DeNAの公式戦LIVE

2012.8.19 加賀美 ナゴヤドーム

2014.8.30 モスコーソ 横浜vs巨人◯

2015.5.5 三浦 横浜vsヤクルト◯

2015.8.13 石田 東京ドーム◯ 筒香9回表逆転弾!

2015.9.22 三浦 横浜vs中日◯

2016.4.10 石田 横浜vsヤクルト◯

2016.5.4 石田 横浜vsヤクルト◯

2016.7.10 国吉 東京ドーム●

2016.7.22 石田 横浜vs巨人◯ 筒香サヨナラ弾!

2016.8.25 ペトリック 横浜vs阪神

2016.9.18 三嶋 横浜vs広島◯ ロペスサヨナラ弾!

2017.4.16 クライン 横浜vsヤクルト◯

子供を殺しても女性は執行猶予、男は実刑!これが現実だw

■ホンネ告白で大激論!? 「今の時代、男と女、どっちが得?」

(TOKYO FM + - 03月18日 11:11)

日米防共提携を確立できたら戦争は避けられた!

〔ルーズべルトの前任 第31代大統領〕

『日本との戦争のすべては“狂人の欲望”だった』(「フーバー回想録」)

http://m.youtube.com/watch?sns=gr&v=xzIuzm6m7Kg

〔1951年5月3日-アメリカ連邦議会軍事外交合同委員会〕

「太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の政治的過ちは共産主義者を中国において強大にさせたことだと私は考える」(「東京裁判 日本の弁明」講談社学術文庫)

マッカーサー」(音声)

http://m.youtube.com/watch?v=OiBjFFOTcis&sns=gr

〈1981年12月8日付アメリカ連邦議会記録E5664頁-パーシー・L・グリーウ゛ス議員〉

「日本は島国で,国家が一つの工場のように機能している.食料と原材料を輸入して何千万もの人口を養い,完成品をアジア,主に中国大陸に安価で輸出していた.何年もの間,満州および中国北部に産業を興そうと努め,この地域に西洋型の文明を導入していた」

「一九三一年,共産主義を吹き込まれた中国人の秩序無視の振る舞いから満州での権益を守ろうと日本が躍起になっていたとき,スティムソン氏は国務長官として,アメリカによる日本への制裁を求めた」

「その結果,日本は極東地域でソヴィエト連邦相手に孤軍奮戦せざるをえなくなった」

「実際のところ,中国をめぐる争いは,半世紀以上ものあいだ,日本とボルシェウ゛ィキ・ロシアという西洋の理想のあいだに存在していた.だが,日本との開戦を私たちが決意した一九四○年六月にはすでに,中国の将来は決定的となっていた」(ジョン・コールマン「真珠湾コンスピラシー」成甲書房)

「南京や東京から国務省へ送られた外交文書から,1937年夏,中国の多くの官憲は,日中戦争を熱望していたことが明白である」

「日本でなく,中国が戦闘勃発を準備していた」(チャールズ・C・タンシル教授「戦争への裏扉」)

「日本は天然資源が乏しく,その上,つねにソビエトの脅威に晒されていた」

「日本はわが国との戦いを避けるためには,ほとんど何でもするというような外交姿勢をとっていた.ベトナムからは米,天然ゴム,錫などが必要だった」

「石油なしでは日本は生きていけない.商船も軍船も機能不全に陥ってしまう」

「日本との戦いは不要であった.両国とも戦いを望んではいなかった」(ハミルトン・フィッシュ「ルーズベルトの開戦責任」草思社)

安倍首相、ペンス副大統領と会談 北朝鮮問題で強い連携確認