最後の日の

夜まで、人と会ってきました。

絶対日本ではせえへんこと。

自分お夢をかけた場所やから、

今、荷造りもほぼ終わり、

酒もほどほど、すみこの時間。

おかんとく!

自分を褒めたりたいよ。藤井くん、

ようがんばってる!

トランクのこと、今日会った、偉いさんにも、

プレッシャーかけてもらえへんか頼んできたし・・・・

そやけど、疲れた、

うまいもん食いたい。

もうちょっとの辛抱や!

すみこ。

おかんとく、慰労会してや!

藤井くん偉い!ようがんばってる!って!

うまいもん食いたいわ!

広告を非表示にする

貴族探偵Blu-rayDVDBOX発売

どこまでも優雅に、悪を笑い、どこまでも華麗に、謎を解く。貴族探偵Blu-rayDVDBOX発売

予約開始割引価格や特典付きで予約受付中貴族探偵Blu-rayBOXBlu-ray相葉雅紀

価格22842円税込、送料無料)(2017/6/27時点)

7614円25OFF!

貴族探偵DVD-BOX相葉雅紀

価格18468円税込、送料無料)(2017/6/27時点)

6156円25OFF!

先着特典貴族探偵Blu-rayBOX(メインビジュアルクリアファイル付き)Blu-ray相葉雅紀

価格25887円税込、送料無料)(2017/6/27時点)

4569円15OFF!

先着特典貴族探偵DVD-BOX(メインビジュアルクリアファイル付き)相葉雅紀

価格20930円税込、送料無料)(2017/6/27時点)

3694円15OFF!

相葉雅紀の2年ぶりなる月9主演作!

ようこそ、わが家へ以来2年ぶりとなる月9作品、初の探偵役かつ貴族役に挑戦!主題歌は嵐によるIllbethere!

主人公が推理をして謎を解くという常識を覆す、主人公が推理をせずに謎を解く前代未聞のミステリードラマ!

相葉雅紀を始め、武井咲生瀬勝久、そして井川遥、さらに滝藤賢一中山美穂松重豊、はたまた仲間由紀恵と超豪華俳優陣が集結!

映像特典

メイキングクランクインクランクアップメイキング等

制作発表記者会見(4/2)(相葉雅紀武井咲生瀬勝久井川遥滝藤賢一中山美穂松重豊登壇)

絶対見たくな〜るTV(4/16OA)

スポット集など収録(予定)

本編は未放送シーンを追加したディレクターズカット版にて収録予定!

トーリー

第一話

上流階級の出らしいということ以外、本名、職業、年齢など全てが謎の紳士、貴族探偵相葉雅紀

不可解な事件現場にふらりと赴き、解決に導くのだが、一切の推理は運転手の佐藤滝藤賢一

メイドの田中中山美穂、執事の山本松重豊に任せきりにしか見えない。そんな貴族探偵が今回、現れた場所とは?

一方、高徳愛香武井咲は、喜多見切子井川遥を師と仰ぎ、彼女の事務所に勤める女性探偵。

その日、愛香は事務所の重要なクライアントである玉村家の令嬢、依子木南晴夏の別荘、

通称ガスコン荘で行われるパーティーに招かれていた。

愛香が到着すると、出迎えた依子がすでに集った友人たちと昨夜パーティーを行ったとのこと。

意に介さぬ愛香に、依子はガスコン荘の地下にある鬼隠しの井戸の話をする。

その古井戸には、死体を投げ込むと消えてしまうという伝説があった。

愛香は半ば強引に依子に案内してもらうのだが、古井戸の側にパーティーの客の死体が。

そしてその周囲には無数の血の足跡が!

現場を確認した愛香は、警察に連絡。

しばらくすると、警部補の鼻形雷雨生瀬勝久が部下の常見岡山天音をともなって現れ、パーティー客らを一部屋に集める。

殺害状況などから、容疑者は昨夜からガスコン荘にいた者の誰かだと思われた。一晩ガスコン荘は密室状態。

ということは容疑者はこの中に?。と、そこに、主人の使いで来た執事と名乗る山本が顔を出す。

山本が一同を案内したのは、庭に作られた巨大な天幕。

唖然とする一同の前に悠然と貴族探偵が登場。貴族探偵は、この事件を自分が解決すると言い放つ。

キャスト

相葉雅紀武井咲生瀬勝久木南晴夏岡山天音田中道子井川遥仲間由紀恵特別出演滝藤賢一中山美穂松重豊

スタッフ

原作麻耶雄嵩貴族探偵貴族探偵対女探偵集英社文庫

脚本黒岩勉

音楽末廣健一郎

主題歌嵐Illbethereジェイストー

プロデュース羽鳥健一、西坂瑞城

演出中江功、金井紘、相沢秀幸

制作フジテレビ

麻耶雄嵩集英社フジテレビジョン2017フジテレビ

もちのろんで日本代表サッカー観てますよ意識高い系だからユニ着て応援

もちのろんで日本代表サッカー観てますよ意識高い系だからユニ着て応援この限定ユニフランスWC日韓WCドイツWCも思い出せるからかなり気に入ってる

sarinkoさん(nicolightsari)がシェアした投稿-2017Jun136:00amPDT

夏の残骸   始まりの話

僕の住む村には、奇妙な風習がある。

コゴミという人形が祀っている場所で毎年八月お祭りを開く。

それだけなら別にどうってことないのだけど、必ずその祭りの後に人がいなくなる。

それも、十四歳の少女だけが。

「あんなのはただの迷信よ。その証拠にあの日からもう誰もいなくなってないじゃない」

僕がこの話を持ち出すと母親はいつもそんなことを言う。

きっと、妹がもしいなくなっていたとしたら、そんなことは口が裂けたって言わないはずなのに。

どうして僕がこのことに執着するのか。

それは、夏美がいなくなってしまったから。

そして、夏美がいなくなった八年前から祭りを行っても誰もいなくならなくなったから。

なぜ、最後が夏美だったのか。

本当に偶然だったのか。

一人、一人と毎年少女が消えて行ったのは、どうしてなのか。

僕は疑問だらけだった。

原夏美は僕の初恋の人だった。

だった、と過去にしてしまわなくてはいけないことが苦しい。

夏美が生きているのか死んでいるのか誰にもわからない。

だけど暗黙の了解みたいなもので、夏美はもうこの世にいないものとされている。

僕だけは信じていなくては、といつも思うけれど、周りの大人たちの態度を見ていると心が折れそうになる。

僕自身は高校を卒業した後、東京の大学に進学したから、この村からはしばらく離れていた。

大学をもうすぐ卒業する今年、休みを利用して村に帰ってきていた。

休みのたびに帰ってきていたわけじゃなかった。

就職先も決まって、これからの人生をしっかり歩く為には、夏美のことを思い出にしなくてはいけない。

そう考えたから、僕はここにいる。

母親や妹はとても喜んでくれているけれど、もしかすると僕はもう生きて帰ってこれないかもしれない。

一種の賭けだった。

夏美が生きていてもいなくても、会える方法を僕は大学で知ってしまったから。

自分の魂を利用して。

その前に僕は会いに行かなくてはいけない人がいる。

どうしても、話を聞かなくてはいけない人がいる。

田中友紀。

僕と夏美の同級生。

夏美の親友だ。

彼女に話を聞かなくてはまずは何も進まない。

僕は事前に田中に連絡を入れていた。

ただ、その時の田中の様子が少し変だったことがとても気にかかる。

「え、黒井くん?どうしたの、久しぶり」

「もう大学最後の夏休みだからさ、ちょっとそっち帰ろうと思って」

「そうなんだ。でも、なんであたしに連絡してきてくれたの?」

「あのさ、ちょっと話がしたいんだ」

「何、告白でもされるの?ふふ」

「違うよ。桐原のこと、聞きたいんだ」

「夏美なら、もう…」

「僕はもうそれはどっちでもいいんだ。ただ、真相が知りたいだけなんだ」

「真相なんて闇の中よ。変質者が毎年現れて、連れ去られた。そういうことよ」

「ならなんで桐原以降、ないんだ?」

「飽きたんじゃない」

「絶対に僕と話したくないっていうなら、無理強いはしないけど」

「そんなんじゃないわ」

「なら、会うだけ会ってよ」

「…わかった」

トキワツユクサ

 以前トキワツユクサ(常盤露草)は江津湖畔の湿地でよく見かけたが、公園が整備されたためか見かけなくなっている。

     

このトキワツユクサのプロペラの形をした花びらが気に入っている。マクロで観る美しさに魅かれてしまう。

    

「観賞用として昭和初期に南アメリカから持ち込まれたが、現在は多くが野生化している帰化植物

広告を非表示にする

3色でツリーを表現

武蔵小杉ポーセラーツ整理収納サロン

Devotion

HP

Blog

マスキングテープとマスキングシートを使い

スポンジでお色を付けております(-)

切り抜きは

慣れるまで苦戦することもありますが

上出来です

引き続き頑張ってくださいね(-)

レッスンのご案内

6月のスケジュール

7月のスケジュール

お問い合わせ

09052102980

出られない場合は留守番電話になります

お名前ご希望の日時をお伝えください

折り返しご連絡をいたします

メールの場合

devotionykgmailcom

Yourownwebsite

AmebaOwnd